インナーボールでトレーニングをしよう【膣内の筋肉を引き締める】

女性ならではの症状

悩む女性

特徴と対策について

生理前症候群とは、生理が始まる少し前に、腹痛や頭痛、吐き気など様々な症状が出てしまうことです。生理前症候群によって、生理が来るのが分かる、という女性もいるほどです。生理前症候群はPMSとも呼ばれ、およそ9割の女性が経験すると言われている、女性にとってとても身近な症状です。生理前症候群の主な原因は、生理前に女性ホルモンのバランスが大きく崩れることにあります。ホルモンバランスが崩れると、体に不調が訪れます。また、子宮が経血を排出しようとして収縮するのも、一つの理由と言われています。症状の重さや種類には個人差がありますが、主に現れるのが腹痛、頭痛などの痛みです。特に腹痛を感じる女性は非常に多く、痛みの種類は、本格的な生理痛と同じように感じることが多いようです。また、人によっては精神的に不安定になったり、軽い鬱状態になったり、他人に対して攻撃的になったりなど精神的な症状が出る場合もあります。さらに、急に甘いものや脂っこいものが食べたくなったりなど、食の好みが変化するという症状が現れる人もいます。このように大きな個人差が現れるのも、生理前症候群の特徴の一つです。生理前症候群の対策としては、子宮を温めるために腹巻や布ナプキンを使うようにすることや、女性ホルモンを整えるサプリを飲むことなどが挙げられます。どの対策が自分に合うかは、一つ一つ試してみないと分からないので、根気よく様々な対策法を試してみると良いでしょう。

Copyright© 2018 インナーボールでトレーニングをしよう【膣内の筋肉を引き締める】 All Rights Reserved.